どこで買う?買える?あなたのベストな買い物へのアドバイス
その他

中学生、高校生バスケットボール選手にオススメで人気のプロテイン

バスケットボールに必要なのは当たり負けしない強さや俊敏性ですね。
そんな体を中学生、高校生のバスケットプレーヤーが付けるためにオススメで人気のプロテインを今回は紹介しようと思います。

中学生、高校生バスケットボールプレーヤーのためのプロテイン3つ

一言でプロテインと言っても色々な種類があるので、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。
それぞれの目的にあったプロテインを紹介します。

1ジャンプ力や俊敏性上げたいなら

ザバス タイプ2 スピード バニラ味 【55食分】 1,155g

ザバス タイプ2 スピード バニラ味 【55食分】 1,155g

4,602円(09/23 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

パワフルな筋肉をつけながら、それを持続させるスタミナもつけられるのが特徴のプロテインです。
筋肉をつけるための「ホヘイプロテイン」スタミナを持続させるための「BCAA(分岐鎖アミノ酸)」がバランス良く含まれています。

2筋肉づくりを目指すなら

当たり負けしない強く大きな筋肉づくりをしたいなら「ホエイプロテイン」がオススメです。
ホヘイプロテインは体への吸収も早いので、成長期のバスケットプレーヤーに適したプロテインといえます。

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

3,200円(09/23 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

あとはチョコレートやストロベリーなど味が色々とあるので、自分の飲みやすい味を選べば良いでしょう。
個人的にオススメなのはココア味です。牛乳と一緒にシェイクすることで美味しく飲めます。

3筋肉をキープしたいなら

ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

3,600円(09/23 13:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

もう筋肉はついているので、その筋肉をキープしながら体脂肪を落としていきたいならソイプロテインが適しています。
ソイプロテインの特徴としては長い時間、体にとどまって徐々に吸収されることです。そのため、満腹感も得やすくダイエットにも適しています。

プロのバスケットボールプレーヤーとプロテイン

渡嘉敷来夢選手の場合

G20160705012904220_view

「体の大きさ or 筋量を維持しながらスピードも高めていくフィジカル作りを意識していますね。強さもスピードも追求していきたいので。トレーニングも大事ですけど、体づくりには睡眠や食事も影響してくるので、その辺りも意識しています。自分は人よりも大きいので、食事にプロテインやサプリメントを摂取して補っていますね」

引用元:https://www.asics.com/

日本代表のエース渡嘉敷来夢選手も練習後に意識してプロテインを飲んでいます。トレーニング後に飲む理由としては消耗した体を回復させ、筋肉をキープさせるためです。

阿部 友和選手の場合

c9fa4e38c4615cc62fe6e49133bc5887

トレーニングに必要不可欠なタンパク質はしっかり摂るよう心がけています。プロテインは毎日 3 回、トレーニング前後と就寝前に摂取しています。
チームのオフィシャルサポーターでもある DNS のプロテインが好きです。特に好きなのは練習と練習の合間に飲むプロテインゼリー。種類が豊富なところが気に入っています。

DNS プロテインホエイ100 チョコレート風味 1000g

DNS プロテインホエイ100 チョコレート風味 1000g

6,160円(09/23 15:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

阿部 友和選手はチーム(千葉ジェッツ)のオフィシャルサポーターであるDNSのプロテインを愛用しているそうです。

img_howto

トレーニング後の他に就寝前にもプロテインを飲んでいるのは、就寝時には成長ホルモンが分泌され、筋肉が成長するためです。

愛用しているサプリメントはDNSのR4だそうです。
DNSのR4の特徴としてはリカバリー(回復)に特化している点です。
練習によって体が受けたダメージを最小限に抑えて、次の練習を良いコンディションですることができます。

プロテインゼリーはこちらです。シェイカーや飲み物を一緒に持ち歩かなくて良いので手軽にたんぱく質を摂れるのが特徴です。

プロテインを飲むときの注意点

プロテインを飲むだけではダメ

shutterstock_367087844

当たり前ですが、プロテインは筋肉増強剤ではないので、飲んでいるだけでは体が大きくなったり強くなることはありません。
日々、トレーニングをしっかりと行い食事と睡眠をとった上でプロテインを摂ることが大事です。

飲むタイミングは

tokei

練習やウエイトトレーニング後30分以内が「ゴールデンタイム」と言われ飲むのがベストな時間帯です。
トレーニング直後はもっとも筋肉がダメージを受けた状態です。体はダメージを受けたところを以前よりパワーアップした状態に補強しようとするので、そのタイミングでたんぱく質(プロテイン)を補給することが効率良いとされています。

たんぱく質の他に摂ると良い栄養素は

a9863344

バスケットボールは体力的に消耗が激しいスポーツなので、エネルギー源である炭水化物(糖質)が豊富な主食と、豊富なおかず、乳製品が大事です。

練習後にはおにぎりや肉まんなどの捕食もオススメです。

まとめ

中・高校生のバスケットプレーヤーに不足しがちなのが、たんぱく質です。
もちろん、普段の食事からたんぱく質を摂ることは可能ですが1日に摂った方が良いたんぱく質の量は体重1kgあたり1gといわれています。なので、体重50kgなら50gという計算になります。
もしその量を食事で摂ろうと思うと大変な量になってしまいます。
そこで低脂肪なプロテインで効率良くたんぱく質を摂っていくのが良いでしょう。

紹介したプロテインで体を強くしてライバルと差をつけていきましょう。